ユニークな広告代理店 しごとー。

しごとー企画事務所イラスト
HOME > 反省事例

しごとー。の反省事例

たくさんの反省があるからノウハウがある。

成功と失敗とは人や企業によって画一化されていません。
私たちは成功するまで諦めない姿勢と反省を活かしながら、クライアントのサポートを行ってまいります。
私たちは新しいことにチャレンジし、前例にとらわれることのないアイデアで、企業や商品の個性を最大限活かした広告やプロモーションをサポートします。

◇反省事例①
広告だけでモノやサービスが売れるわけではない。

クライアントのビジネスモデルが構築していない段階で広告活動を案内してしまったことがあります。
「広告だけでは絶対モノは売れません」
ビジネスモデルを構築するサポートやクライアントの営業体制が伴った上での広告活動をご提案をすることこそ当社のサービスであることを忘れてはいけないと考えます。商品を作る、売る従業員のみなさまとともに広告が存在することが重要だという視点も養うことができました。

◇反省事例②
通販広告の落とし穴。

当社は通販広告のサポートも行っております。
数字が可視化することで大事な視点を失うことも経験してきました。
「新規顧客が獲得できればいい」という追求ではなく、どう伝えることで「より売れる商品にしていくか」を考えることを大切にしています。
広告会社の大半は新規獲得のための広告予算を狙い営業をしています。
最も大切なご縁があったユーザー・顧客に対してどうコミュニケーションしていくかを同時に考えることこそクライアントにとって重要な視点だと考え、弊社ではCRMのサポートも行っています。

◇反省事例③
マーケティングからの新商品戦略。

ありきたりなマーケティングからの新商品戦略の立案をしたことがあります。
マーケティング主導の新商品戦略とコミュニケーション開発は他社との差別化を意識し過ぎることでもあり、個性が失われます。
企業の個性や想いをどう商品戦略化するかの視点を主にクリエイティブ開発を行っていきます。

◇反省事例④
わかりにくいウェブマーケティング。

現代に必要なウェブマーケティング。しかしながら、まだまだブラックボックス化しており、難しい横文字が並び、クライアントにとってはウェブマーケティングが言葉だけが先行しているケースが多く見受けられます。
弊社でも以前難しい言葉を並べてしまい、興味が持てなくなってしまうクライアントがありました。
広告がしたい企業にとって、ウェブは必要不可欠ですが、よくわからないまま任せっぱなしになっている企業も多くあります。
弊社ではわかりやすいウェブマーケティングを行い、クライアントへもわかりやすいコミュニケーションを行うことで共に考える姿勢で対応することも心掛けています。